くすみが気になったらクレンジングを見直そう

subpage01

肌の血色が悪くくすんだように感じることがあります。


くすみが気になったらクレンジングを見直してみましょう。

くすみの原因は、肌のターンオーバーの乱れや古い角質や皮脂などの汚れです。

通常、肌は30日前後で古い角質が剥がれ落ち新しい皮膚に生まれ変わります。

期待できるクレンジングのくすみの情報を集めました。

このターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、古い角質が表面に残り肌のくすみとなってしまうのです。


落としきれなかった汚れや角質は、クレンジングでしっかりと落とすことが大切です。



クレンジングは、ベースメイクに合わせて使い分けることが必要です。
濃いメイクをした場合には、オイルやリキッド、ジェルタイプで汚れをしっかり浮き上がらせて洗い流すことが大切です。

薄いメイクの場合には、ミルクやクリームのタイプがおすすめです。


ミルククレンジングは、肌への負担も少なく、保湿力も高いので乾燥肌の人や肌荒れしている人にはおすすめです。


クレンジングの方法ですが、必要以上の力でこすらないようにしましょう。

くすみがちな肌は、肌質が弱くなっている状態なので、肌への負担は禁物です。

優しくなでるようにして、ゆっくりメイクの油分を浮かせてから洗い流すようにしましょう。
熱すぎるお湯で洗い流すことは肌の乾燥をまねいてしまいます。

30度前後のぬるま湯を使用するようにしましょう。

洗い終えた後は、そのままにせず、必ず基礎化粧品でのケアを行うようにします。
クリアな素肌を保湿成分でしっかり守ることも大切です。