一宮でトイレづまりに対処する方法とは

利用頻度の高いトイレでは、何かと水トラブルが発生します。これは一宮の家庭でも例外ではありません。特にトイレづまりによるトラブルはその典型。便器の排水口からの異音、いつも便器に水がたまりやすい、便器から突然水があふれ出した等、これらのほとんどはトイレづまりの症状であり、一宮でも数々の事例が報告されています。

その原因として最も目立つのが、トイレットペーパーの過剰使用です。トイレットペーパーは水溶性の紙類に該当しますが、使用量がトイレの処理能力を上回ると、溶け残ったものが排水口でつまりを引き起こす原因になります。トイレづまりの症状が軽く、原因がハッキリしているなら、まずは市販のラバーカップを使って解消を試みましょう。素人の方でも比較的簡単に解消できることがあります。

その一方で、素人の方では難しいケースがあるのも事実です。例えばつまりの原因がおむつといった非水溶性の紙類、あるいはスマートフォンや玩具のような固形物の場合がそれ。無理に押し流そうとすれば、さらに排水口の奥で挟まってしまい、余計に取り出せなくなります。それどころか便器や排水管を破損し、大がかりな工事が必要になることもあり得ます。

このケースで素人の方が対処できるのは、異物のある位置が手のとどく範囲だけ。これならばゴム手袋をしてから、素手で取り出すことが可能です。しかしそれ以外ならば、一宮でトイレ修理の実績がある専門企業へ連絡すべきでしょう。便器を取り外した上で、異物を除去することになるからです。

さらに排水管のずっと奥で挟まっていたり、屋外の排水マスに原因がある場合にも、高圧洗浄機や長尺のワイヤーブラシなど、特殊な機器類が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *